FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんなウェディングのかたち…

4月、5月はそれぞれ違う、オットの昔からの友達のウェディングパーティーがありました。
で、オットと二人で招待されて行ってきたんですが・・・、

いろんなことを考えさせられましたよ。

詳しく書くのもなんだか気がひけるし(って書くんだけど)
去年、私たちも結婚式をして日本からわざわざ家族や友達にきてもらってたんで
人のことは言える立場じゃないんだけど・・・。

ここは簡潔に箇条書きにして
比較検討してみましょう♪


4月の北ウェールズでの結婚式
*新郎新婦はニュージーランドにすでに移住していて、今回はイギリスでの披露パーティー
*だから式場&準備・打ち合わせは全てメール&花嫁の両親におまかせ
*家族はみんなイギリスの南部出身で、なんのつながりもないのに、式場は新婦の希望でウェールズに(車で自宅から5~6時間)
*これまた新婦の希望で、式場はヒッピーのコミューン(地元の人も知らなかった)
*時間は昼の12時から夜の12時過ぎまで。そう12時間ぶっつづけ!!
*雨が降った時用のテントは建ててあったのに、
新婦の強い希望により、屋根なしの野外の芝生を円形に刈り取ったところでセレモニー
↑よく、ハリウッドのラブコメディー映画とかであるような、ナチュラルでスピリチュアルな自然の中でのセレモニーを目指した感あり
*4月の北ウェールズのホリゾンタル・レイン(横なぐりの雨)の中、なんとずっと野外でセレモニー
*風と雨のせいで体感気温はたぶん5度以下
*ゲストの、きれいなドレスや一張羅のスーツがずぶぬれになる中、傘(ほとんど役にたってなかったよ)をさして45分ほど野外で円を描くように立たされる
↑新郎新婦のおばあさんのような方も立ちっぱなし。
↑ずぶぬれ&強風なか凍えながらハイヒールでずっと立っていたため、足の指の感覚はなくなり、後日爪がはがれました(ほんとに)。
*セレモニーを仕切るのは、もちろんヒッピーのリーダーみたいな女の人(推定年齢50歳)
*黄土色のケープをかけ、おどろおどろしい木の枝の魔女の杖みたいなのを持ち、古文書みたいな分厚くて古ぼけた本を読み上げながらぐるぐるとゲストの回りを歩き、自然をたたえる愛のポエムみたいなのえんえんと読み上げる(ほとんど強風で聞こえず)
*屋根のある会場は狭くて半分くらいゲスト分の椅子はなし
*ヒーターはガスバーナーみたいなののみで、入り口しか暖まらず。
*料理は、新婦がベジタリアンなのでもちろんベジタリアンフードのみ
*あとでこっそりコミューンの裏のほうでBBQして小さいソーセージをもらいました
*飲み物は持ち寄り。私たちはウォッカ1リットルを頼まれ、それとビール1ケースを持っていきました
*式場は、ヒッピーのコミューン(集会場)を借りているのでもちろんスタッフはおらず、家族が皿洗いや椅子の移動とかしてた。
*そして新郎の父親が、ごみの分別の仕方やトイレの場所、飲み物の場所とかをゲストにアナウンスメント(公式な感じで)してた・・・。
*最後の方では家族も疲れたのか控え室のソファーでTV見ながらくつろいでいて、ワイングラスやコーヒーカップが足らず、私がグラスを洗いましたが…。
↑ちょっと待て、ゲストは椅子は足らないし、ソファーでくつろぐなんてできなかったよ~!
*そうそう、ヒッピーのコミューンがすごい山奥にあるので、携帯の電波は届かず。
*常に新婦がパーティーを仕切っている感じで、新郎(オットの親友)はまかせっきりって感じ。
*式の後、オットも私もダメージが大きすぎて1週間くらいネガティブ思考に悩まされ、私は口にデキモノが。



5月のバースでの結婚式
*バースの会員制の素敵な広い(庭付き)邸宅を貸しきってのパーティー
*セレモニーは午後から家族のみで、夜の6時から友人などを招いてのパーティーという流れ
*邸宅の中は何部屋にも分かれていて、それぞれ重厚な暖炉や飾り、気持ちのいいソファーやムードのある間接照明があり、とってもセレブな感じ
*天気は曇り&雨でしたが、午後は日も出てきて、グラス片手にみんなでテラスに移動しておしゃべりなんかを楽しみました。(テラスにはヒーターもあって快適♪)
*ドリンクバーは無料!シャンパンもワインもビールもカクテルも頼み放題!もちろんすばらしいサービスのスタッフが常にグラスを満たしてくれる
↑私は赤ワインとオレンジジュースとミネラルウォーターを常にオーダーして、グラスを3つならべて順番に飲んでました!?ワインは飲みたいけど酔いすぎ防止ってことで…。あはは・・・。
*軽食のビュッフェは、生ハムやローストビーフ、焼きたてのパンなど、おいしくてとってもお洒落なものばかり
*新郎と新郎の両親の仕事がアート関係だからかゲストはとってもおしゃれ(白いスーツにパープルのシャツ&ネクタイはイエロー、そしてサングラス・・・みたいな、あなた芸能人ですか?って感じのゲストもいました)。
といっても別にポッシュ(お高くとまっている)な式というわけでもなくて、すっごく気楽にいろんな人と話ができるような雰囲気でした。
↑バスの運転手の方もいて私と踊りたがる(?)愉快なおじさんでした。
*邸宅の一部屋では、ミラーボールを取り付けてディスコ会場に。後半はみんなでYMCAなんかで踊ったりしました
*新郎新婦だけでなく、二人のご両親はとっても誇らしげで、始終ニコニコ・リラックスしてパーティーを楽しんでました



なんでしょう、この違い。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yukauk

Author:yukauk
イギリスででのほほんと暮らす
おきらくな私と夫(英国人)のブログです。
かぎりなく英国色は薄いですが
おきらく~に更新中!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
まあ ゆっくりしていきまい
最近の記事+コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
3359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
765位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。